利き酒師育成サイト

上槽に由来する分類

あらばしり

上槽の工程で、最初に滴るお酒を、「あらばしり」といいます。淡く濁っていて、アルコール度数は低め。荒々しくキレの良い口当たり、華やかでフレッシュな香りを持ちます。

中汲み

上槽の工程で、あらばしりの後に流れ出てくるのが「中取り」「中汲み」といわれるお酒です。酒袋の自重だけで流れ出るお酒で、濁りがないクリアでやわらかいお酒です。日本酒のもっとも良い部分だけを切り取ったようなイメージですね。

責め

中取りが終わったら、最後は圧力を一気に加えて搾ります。ここで流れ出るお酒を「責め」といいます。高級なお酒にはこの部分は使いません。上記の2つと比較すると、少し雑味が入ります。そしてアルコール度数は高め。ですから、濃厚なドッシリとした味わいのお酒といえます。

PAGETOP
Copyright © おいしい日本酒・酒蔵紀行 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.